GEOENG 地質学と建設コンサルタント(理学と工学の融合へ)

津波堆積物U


日本の古津波研究その1(地質学雑誌2017年10月)
                        2019.2.17
地質学雑誌 第123巻 第10号 2017年10月号(その1)
 地質学会創立125周年記念特集「日本の古津波」の前半部

1)菅原大助;2011年東北地方太平洋沖地震による津波の堆積作
用と堆積物:広田湾と仙台湾の事例,p781-804
2)高清水康博;北海道太平洋岸の津波堆積物研究:北方四島の
津波堆積物と北海道西部太平洋岸の断層モデルの検討,p805-
817
3)澤井祐紀;東北地方太平洋側における古津波堆積物の研究,
p819-830

1
)本稿では,2011年東北地方太平洋沖地袋の津波について,特に土
砂の動態や収支,水埋量と堆積物の関係に着目し,異なる地形・津
波の特徴をもつ二つの地域を対象に,これまでの調査・研究による
知見を整理した。
 三睦沿岸の広田湾では,海域から陸上への堆積物の移動が起こっ
たことが古生物学的データ,ビデオ映像および数値解析によって明
らかにされた。また,引き波の影響が大きく,巨視的には沖合方向へ
の堆積物の移動距離と量が卓越する特徴を持つ。
 一方,仙台湾沿岸では,海底から陸上への堆積物の移動は非常に限
られていたことが,地質学的データおよびビデオ映條と数値解折に
よって示された。また,砂質堆積物の沖合方向と内陸方向への移励距
離は同程度であった。津波堆積作用における両地域の差は,主に陸
上・海底地形と津波の波形の違いによって生じた。

2)北海道太平洋側の古津波堆積物研究の現状と課題を北方四島と北
海道太平洋側の断層モデルに焦点を当てて示した。過去7000年間に
おける国後島と色丹島の津波堆積物の層数は色丹島の方が多いこと
は,色丹島の方が海溝に近いため,規模の小さな津波でも地層中に
記録されたためである。一方,国後島には規模の大きな津波のみが
到達するため,巨大津波の履歴がよく記録されている。
 北海道の太平洋側の津波堆積物の分布を説明するために設定され
た複数の断層モデルの復元からは,北海道西部太平洋岸の波源とし
て東北北部沖断層モデルの重要性が指摘された。北海道胆振海岸と
青森県東通の津波堆積物履歴をあわせて考えると,少なくとも過去
2500〜2800年前以降に北海道西部太平洋岸に来襲した津波堆積物は1
層のみであるということが見えてきた。

3)本論は東北地方太平洋沿岸で行われた古津波堆積物に関する研究
について総括する。東北地方における古津波痕跡に関する地質調査
は,1980年代の日本海側で始まった。その後津波堆積物に関する調
査は太平洋側で行われ,1611年慶長津波,1454年享徳津波,869年貞
観津波の痕跡が見つかっている。
 1611年慶長津波については,三陸海岸沖に波源を想定する一方
で,千島海溝の巨大地震によるものという説もあり,未だ決着がつ
いていない。
 1454年享徳津波および869年貞観津波については,日本海溝中部に
波源があると考えられ,その規模はM8クラスである。
 1454年および869年の津波より前には,幾つかの古津波の痕跡が見
つかっているが,その波源についてはまだ明らかになっていない。


日本の古津波研究その2(地質学雑誌2017年10月)
2019.2.17
 地質学雑誌 第123巻 第10号 2017年10月号(その2)
 地質学会創立125周年記念特集「日本の古津波」の後半部

4)藤原 治・谷川晃一朗;南海トラフ沿岸の古津波堆積物の研
究:その成果と課題,p831-842
5)後藤和久;琉球海溝沿いの古津波堆積物研究,p843-855
6)川上源太郎・加藤善洋・卜部厚志・高清水康博・仁科健二;日
本海東縁の津波とイベント堆積物,p857-877


4)津波堆積物を使った南海トラフ沿岸での古地震・津波の研究は,
過去6000年間にわたる津波の履歴解明に貢献してきた。それにより,
100年〜150年間隔で発生する"通常の"巨大地震以外に,より大きな地
震が300〜500年間隔で繰り返していると言う"ハイパー地震サイクル"
仮説の提唱といったトピックもあった。このレビューでは,南海トラ
フ沿岸での津波堆積物研究について今後解決すべき2つのテーマを提
案した。
 一つ目は,過去の地震の破壊域の正確な復元が改めて重要である。
例えば,1707宝永地震以降は東海地震と南海地震がベアで存在する
が,古い時代にはどちらか一方の記録しかないことが多い。歴史記録
から漏れた地震がないかを地震記録から検証し地震履歴を補完するこ
とは,巨大地震の発生パターンを知るために重要である。
 もう一つは,古津波の規模(遡上高や遡上範囲)を定量化することで
ある。これは"ハイパー地震サイクル"仮説の検証や,我々が備えるベ
き津波の規模を検討するために重要である。
(私のコメント)日本でも産業の盛んな太平洋沿岸地帯。土地の開
発、改変により津波堆積物が消失している場合が多いのではないだろ
うか。

5)琉球海溝沿いの古津波研究は約50年にわたり行われてきた。特
に,津波石と呼ばれる沿岸巨礫群の研究から,先島諸島では数百年間
隔で巨大津波が繰り返したと考えられる。その一方で,奄美・沖縄諸
島では少なくとも約2300年もの間,巨大津波が発生した痕跡が見られ
ないことが指摘されている。この結果は地震学的研究によっても支持
されており,琉球海溝においては巨大地震・津波発生履歴と規模に大
きな地域差があることを示唆していると考えられる。一方,砂礫質津
波堆積物の研究は,調査適地が少ないという問題からあまり実施され
ておらず,中小規模の古津波履歴を把握するためにも,今後の調査研
究が望まれる。

6)日本海東縁の沿岸域では,津波起源とされるイベント堆積物の報
告が急増している。その時間-空間分布を整理し,地域間の対比と推
定される波源を提示した。19〜18世紀にはいくつかの歴史津波が知ら
れ,地点数は多くないが対応するイベント堆積物が報告されている。
18世紀以前は歴史記録に乏しいが,イベント堆積物から14〜9世紀の
間に次の4つの津波イベントの存在が示唆される
 14世紀:青森〜山形北部,12世紀:北海道南西部,11世紀(西暦
1092年?):佐渡/新潟〜山形南部,9世紀(西暦850年?):(佐渡
〜)山形〜青森。
 これらのイベントは日本海盆の地震性タービダイトにも記録されて
いる。より古いイベント堆積物は,奥尻島や佐渡島などの離島で認め
られている。現時点では堆積物の起源の認定や正確な年代決定などに
多くの問題が残っており,この総説が今後の問題点の解決と日本海東
縁の古津波像解明の一助となることを期待する。



2019.2.17


inserted by FC2 system