GEOENG 地質学と建設コンサルタント(理学と工学の融合へ)

ご質問先


メールフォームへ

 当サイトの記事に関連して、ご質問やお問い合わせのある方は、上記のメールフォームをクリックし、お名前、メールアドレス、ご質問内容を書き込み、ご送信ください。
 なお、当サイトの記事は次の学習や業務経験によるものです。このため回答出来る事項と出来ない事項がありますので、ご了承ください。

1)地質学とは?
 1978〜1981年、北海道大学理学部地質学鉱物学科で各種地質学、岩石鉱物学、岩石顕微鏡記載学、野外観察、地表踏査、地質図作成等を学び、火山地質・岩石学講座にて勝井義雄教授(火山地質学:北海道および南米の火山地質、世界の火山分布、火山噴火災害)に薫陶を受けました。卒業研究は、新井田清信博士(変動帯岩石学:幌満岩体をはじめとする超塩基性岩体の構造と成因、神居古潭帯・常呂帯の火山岩、オフィオライト)のご指導の下に行い、1987年5月、「地球科学」に研究論文を連名にて発表しました。
 このコーナーでは、その後、現在まで地学団体研究会や日本地質学会に所属して学んだ事を整理しました。また、日本地質学会125周年記念特集の各巻等から日本人研究者による地質学研究の到達点と課題を、掲載論文の要旨を中心に概観しました。

2)地質調査と土木設計
 約40年にわたる土木事業関連の地質調査(道路及び鉄道のトンネル・明かり,ダムサイト及び原石山,橋梁等の構造物基礎)、土質・岩石・岩盤試験、防災調査・対策設計(地すべり・崩壊・落石、河川・砂防および海岸、地震災害復旧設計)、および件数は少ないが国内外鉱物資源野外調査、高レベル放射性廃棄物処理サイト深部地質環境調査に関して、地盤調査の現場作業責任者や主任技術者、土木設計の担当者や管理技術者、建設コンサルト会社の一員としての経験と学びを中心に、主に設計の視点から概説しています。

3)トンネル、コンクリート診断、津波の対策
 次のような担当業務での経験や学習から、重要と思われる事項や課題を解説して行きたいと思います。
・鉄道建設公団と大手ゼネコンによる青函トンネル北海道方アプローチの施工時坑内外地質調査、東北地域等(北海道、紀伊半島含む)の高速・高規格道路やダム付替え道路トンネルの地質調査、原位置試験操作解析、多量湧水の導水路トンネル水源回復・補償調査、および道路トンネル実施設計(地層区分・地質構造再構成、地山区分・物性評価、長尺先受け工等補助工法検討、FEM解析、坑口地すべり対策検討および同修正設計)
・1980年代から現在までのアルカリ骨材反応の各種試験・分析と老朽化構造物(主に老朽化した道路トンネルや導水路トンネル)のコンクリート点検・詳細調査・診断・補修設計
・東日本大震災後、三陸沿岸漁港の複数の津波防潮堤(本体工、ALID解析、樋門・横断排水工、フラップゲート式陸閘、付け替え道路)の実施設計と施工時修正設計

4)火山噴火、地震と津波
 1970年代後半の北海道・有珠山火口の地質巡検、2016年前後の家族旅行で見た桜島の日常的小噴火、および2011.3.11の東日本太平洋沖地震の体感と仕事で目にした津波の被害状況のほかは、報道、書籍、学術論文および関係機関HPからの学習による記事です。火山噴火については、国内外で活躍された日本火山学会名誉会員,北海道大学名誉教授の故・勝井義雄先生の講義ノート及び著書を特に参考にしています。


震災から10年目の岩手県大槌町浪板海岸



 現在の学習と研究はトンネル工学、津波学・海岸工学で、趣味は火山学、造山運動論、教養の物理学、艦船・航空機模型


(2024.4.30更新)
inserted by FC2 system