GEOENG 地質学と建設コンサルタント(理学と工学の融合へ)

津波堆積物T


日本国内の津波研究の現状
後藤和久ほか「日本の津波堆積物研究」文献リストの公表
 地質学雑誌特集号,第118巻,第7号,pp431-436(2012年7
月)
より。
 日本国内の津波研究論文を整理し、現在の日本国内の津波研究の
現状と問題点を指摘した論文。

 過去の巨大津波が注目された東北地方や沖縄では1960年代から津
波堆積物に関する研究が始まっているのに対し、北海道や南海トラ
フ沿いでは、1990年代中頃から研究がスタートし、文献数も依然少
ないことが分かる。

 岡村 眞、松岡裕美(高知大学)
 津波堆積物からわかる巨大南海地震の歴史



 仙台平野沿岸の津波堆積物調査サイトの例


澤井祐紀ほか(2006)慶長と貞観の津波浸水域 
2017.9.16
仙台平野の堆積物に記録された歴史時代の巨大津波
−1611年慶長津波と869年貞観津波の浸水域−地質ニュース 
624号、36-41頁、2006年8月
 澤井祐紀・岡村行信・宍倉正展・松浦旅人・Than Tin Aung
 ・小松原純子・藤井雄士郎


 2011年の東日本太平洋沖地震津波の発生以前に、仙台湾の砂浜海
岸に強大な歴史津波(慶長及び貞観)の痕跡(津波堆積物、浸水
域)を明らかとした研究の概要紹介論文

1.近年における仙台平野の津波被害
 宮城県の仙台平野は、三陸海岸に比べて津波による被害が少ない
と考えられている。
【過去の津波波高】
・1933年3月3日 昭和三陸津波;三陸海岸・大船渡 28m超、仙台
平野 最大3.9m(山本町磯)
・1986年 明治三陸津波;大船渡 38.2m(一説50m以上)、仙台
平野 5m以下
・2005年8月16日 宮城県沖地震(震度6弱);石巻市鮎川 0.1m

 これらの近年における「仙台平野は津波被害が少ない」という認
識に反して、歴史記録には巨大な津波が仙台平野を襲ったという記
述がある。

2.歴史記録に残っている巨大津波
2.1仙台平野を襲った貞観津波の歴史記録
2.2江戸時代に三陸海岸・仙台平野を襲った津波

3.調査地域の地形 浜堤列間の「堤間湿地」;集落と水田地帯

4.先行研究による古津波痕跡の発見とその問題点
 Minoura and Nakaya(1990)、阿部ほか(1990)、菅原ほか(2001)
は、貞観津波を地質学的アプローチから検討した事が画期的であっ
た。これらの研究は浸水域を平面的に復元することが課題として残
った。

5.津波堆積物の認定−貞観津波の堆積物−
 主にピートサンプラー、ハンドオーガー、小型ジオスライサー
(長さ2〜3m)による試料採取を行い、貞観津波堆積物を認定し
た。
 津波堆積物と認定した堆積物の状況と特徴は次の通り。
1)泥炭層の中に明瞭な火山灰層とその直下の石英質の粗粒〜細粒砂
層のセットが連続的に観察された。
2)海生生物の化石が豊富に含まれ、沿岸域に生育する珪藻種が優占
する。
3)砂層の鉱物組成は石英に富み、現在の海岸の砂に酷似する
4)海岸に近い地点から得られた砂層は顕著な級化構造をもつ(菅
原,2004)

6.津波堆積物直上の火山灰
 10世紀頃の東北地方広域テフラ(火山灰・火山砕屑物);
 灰白色火山灰層は十和田a火山灰(西暦915年降下説が有力)とみ
なされる。

7.津波来襲時における海岸線の位置

8.地質記録から推定された古津波の浸水範囲
8.1貞観津波来襲時の海岸線と津波浸水域
1)山元町・亘理町地域;海岸線は現在より1km内陸にあった。津波
遡上距離は少なくとも2〜3km
2)名取市・岩沼市・仙台市地域;旧海岸線は特定できなかったが、
津波堆積物は現在の海岸線から4kmほど内陸に追うことが出来た。

8.2江戸時代に発生した津波の浸水域
 山元町・亘理町における調査測線から、十和田a火山灰より上位
に津波堆積物を認定した。これの砂層は1611年慶長津波によると推
定され、現在の海岸線から500mほど内陸側に分布する。

 最期に著者は「今後は採取した試料の放射性炭素年代測定を行う
ことによって、津波堆積物の対比、海岸線位置の詳しい復元を目指
す。さらに、復元した津波浸水域をシミュレーションで再現し、津
波波高や津波の到達時間を推定することによって津波防災に貢献し
たい。」と決意を述べている。


inserted by FC2 system