GEOENG 地質学と建設コンサルタント(理学と工学の融合へ)

山岳トンネル


山岳トンネルの調査設計
2014.12.28
 山岳トンネルにおいて地質調査とトンネル地山区分・支保構造・補助工法設計は緊密な関係があります。坑口設計では坑口斜面の安定性、崩壊・地すべり・落石の危険性に配慮する設計、一般部では切羽・天端の安定性、湧水、膨張性地圧などの発生を想定した支保設計、補助工法設計が必要です。
 このために、坑口斜面と地山の評価、地質構造の把握が肝要です。特に土木工学的な「地質構造」の把握は、新幹線や青函で長大トンネルの建設に実績のある鉄道関係者の中で重要視されています。

具体的な手法
2018.8.16
【地質調査】文献調査,地形調査,保全物件調査,環境調査,地表地質調査,概略設計に対するボーリング調査・試験,詳細設計に対する調査・試験,補足調査など。

【山岳トンネルの設計】
 地形・地質の整理と評価、地山分類(地山区分)、地山物性値、断面形状の決定 道路規格,建築限界,交通量,経済性、標準設計,類似設計,数値解析FEM等による支保構造設計、補助工法の選定と設計, 排水設計,坑門工設計,斜面安定工設計,土石流対策,有害な物質を含む掘削ずりの安定処分など

【詳細設計の流れ】
1)目的;道路、鉄道、導水路・放水路(発電,農業用水)
2)準用基準書の選択;標準示方書、技術指針、設計要領
3)ルート検討;平面線形、縦断線形
4)横断計画;幅員、内径、建築限界、交通量、計画流量
5)断面設計;上半1芯円、上半3芯円、馬蹄形、円形等
6)地山分類と支保工標準設計
7)類次地山トンネルの支保工準用
8)数値解析による支保工設計、補助工法の必要性
9)補助工法の選定と設計(施工時修正設計要す);長尺鋼管式フォアパイリング、注入式フォアポーリング、鏡ボルト、支保工沈下対策、仮インバート、二重支保工
10)坑口設計;坑門工・坑口法面設計、地すべり対策工
11)排水工設計;水理地質データによる恒常湧水、集中湧水の推定、中央排水工、横断排水工の設計
12)舗装設計;コンクリート舗装、コンクリートスラブ
13)計測工計画;A計測(変位)、B計測(応力測定、地質・水質)
14)施工計画;仮設ヤード、機械設備、運搬仮設、足場・構台
15)環境対策;水質、地下水低下、騒音、振動

【点検と補修設計】
1)トンネル点検(維持管理、5年毎の定期点検)
2)補修設計;剥落対策工、断面修復工、表面改質工、漏水対策工
3)補強設計;内巻工、ロックボルト、インバート構築、繊維シート等


inserted by FC2 system