GEOENG 地質学と建設コンサルタント(理学と工学の融合へ)

構造物の保全


トンネル点検と補修・補強設計
2014.6.22
主に山岳トンネルの点検と補修・補強設計につて解説します。トンネル点検の目的は、適切な点検を行い、変状展開図・点検表を作成・整備することです。このデータをもとにして、各箇所の健全度評価および劣化・変状・漏水の機構解析が可能となり、適切な対策工の設計と施工が行われます。

構造物点検と補修・補強設計
2014.6.22
代表的な構造物点検と言えば橋梁点検があげられます。ほかに、河川・海岸施設構造物、農業用水理施設、上下水道、上水道配水施設などがあります。これらの中には建設後40〜50年経過したものがあり、老朽化に対する対策(補修・補強による長寿命化)が重要な課題となっています。

inserted by FC2 system