GEOENG 地質学と建設コンサルタント(理学と工学の融合へ)

アルカリ骨材反応対策


ASR診断のあるべき姿
2017.5.27
アルカリ骨材反応は、コンクリートの基質すなわちセメントペースト中のアルカリ(Na,Kイオン)と骨材岩石の鉱物化学的反応を指しコンクリートのがんとも呼ばれる現象です。
このページでは主にアルカリ骨材反応(ASR)による化学的劣化を取り上げます。

【ASR重要文献の紹介】現時点の最新一般公開報告書
2014年版「ASR診断の現状とあるべき姿研究委員会」報告書
(公益社団法人)日本コンクリート工学会,2014.7.,482page.
(注)ASR=Alkali Silica Reaction;アルカリ・シリカ反応)

第T編 ASRのリスクと制御
第U編 委員会からの提案
第V編 委員会報告書
 1.ASR診断フロー
 2.岩石学的診断
 3.抑制対策の現状と今後のあるべき姿
 4.試験法の提案(コンクリートプリズム試験など)
 5.既存規格の修正の提案
巻末資料
 分析機関12の試験結果

はじめに,あとがき
(委員長の文面で,委員会の詳細な経緯が分かります)
01_2014ASRhajimenihoka.pdf

【抜粋・要約】第1編 ASRリスクと制御
02_2014ASRbassuiyouyakudaiitihen.pdf

[特徴]
・国際学会RILEM(ライレム)によるリスク区分、構造物区分によるASR診断と配合及び劣化対策方針の適用と考慮の必要性
・偏光顕微鏡によるコンクリート組織、反応性シリカ鉱物の反応状態観察が重要(組織、いわゆる産状)
・アルカリ-シリカ反応確認のための信頼できる試験として、従来のモルタルバー試験に代わり、促進(加速)コンクリートプリズム(四角柱、75×75×250mm)試験を提唱する。供試体は実配合コンクリートとし、アルカリ溶液(1.5mol/gのNaOH)を十分に含ませた不織布に包み、温度60℃の容器内で保存しつつ、6か月間の長さ変化を測定する試験。


ASR診断の具体的方法
2017.5.27
第U編 委員会からの提案
 1.構造物の重大性レベル
 2.ASR診断フロー;一般レベルと高レベル
 3.抑制対策;構造物の重大性とASRリスクレベルによる
 4.促進(加速)コンクリートプリズム試験方法

【抜粋・要約】第U編
03b_2014ASRbassuidainihen.pdf

第V編 委員会報告書
 1.ASR診断フロー;国際学会RILEM(ライレム)を参考とした詳細な解説

 2.岩石学的診断:SR診断の具体的方法には次の肉眼観察(ルーペ・実体顕微鏡含む)、コンクリート試験、化学分析、偏光顕微鏡、精密化学分析機器などがあります。

・従来、カナダ等でアルカリ炭酸塩鉱物反応と呼ばれてきたものは、微細な石英粒とアルカリの反応であることが判明している。

・アルカリ-シリカ反応ゲルは反応個所からの距離や時間経過によって、セメントの通常水和物C-S-Hの化学組成に近づき、結果、アルカリ含有量が著しく低下し、カルシウム-シリカゲルとなる。

・このためEPMA等の精密機器による局部分析で、反応生成物(ゲル)に含まれるアルカリがかなり小さくても、骨材を割ってセメントペーストに走る反応生成物に充填したひび割れ(脈状)や気泡がある場合は、アルカリ-シリカ反応が生じたことを認識できる。

 3.抑制対策の現状と今後のあるべき姿

 4.試験法の提案(コンクリートプリズム試験など)

 5.既存規格の修正(改良)提案
 コンクリートASR反応性判定試験法JCI-AAR-3修正案
 およびコアの促進膨張試験法JCI-DD2修正案

巻末資料
 分析機関12の試験結果;各社への試料提供や各社の方法に大きなばらつきがあり、厳密に比較評価するのは問題があると考えられます。

【概要と目次】第V編
04_2014ASRgaiyoumokujidaisanhen.pdf

inserted by FC2 system